2016年06月26日

うむむむむむむ。

ちょっと情報遅かったんですけど、
amazonでは来週(今週)29日入荷予定らしい『刀剣乱舞絢爛図録』(最新版)にて、
蜻蛉切さんの設定欄が”妙法村正の唯一の理解者→村正の唯一の理解者”と変更されている、と聞きまして。
夏コミ直後にゲットして、その後保存版としてもう一冊持ってるんですが、もう1回購入せんとあかんのか。
っていうか

何それ

蜻蛉切さん一推し・妙法村正実装待ってます派ですからまぁそれなり動揺しまして。
ツイッター検索とかで色々見て回りましたが
少し落ち着いてきたので、整理してみようかと。

誤植って可能性もなくはありませんが、
おそらく何かの意図を持っての変更で間違いないでしょう。


推測1:妙法村正(打刀本体)の現在の所有先に使用を断られたとか怒られたとか

そうなると「刀剣男士妙法村正」は存在上書きされて、実装もさらに遅れると。この世は地獄やなぁ


推測2:同田貫がそう言及されたように、特定の刀剣の付喪神ではなく「村正という刀の集合体」となる

昨年、原作者芝村裕吏氏のシンポジウムの発言によると、同田貫に関してはあちこちから
”(あの刀剣男士は)うちの同田貫がモデルですよね?”と問い合わせが殺到したとか。
なので「集合体と思っていただければ」という具合に言われてましたが
刀剣の村正は今年だけでも薬師寺とか、富士美術館とか、秋には地元三重県桑名市にて「村正展」が開催されるとかで
それに合わせて村正も、妙法村正という特定の刀剣でなく村正の集合体に変更された、とか。

ただその場合、村正に号さえつかなくなったというのがちょっと疑問で(刀派村正の村正、になるんか?)。
同田貫の場合は”同田貫正国”がフルネームなのに。
村正の集合体になるのなら、”千子村正”とか”勢州(伊勢)村正”あたりにするのが妥当な気もするのですが。


推測3:特または極を見越しての変更

一番妄想入ってます。
今剣の極の件で思い出したのですが、刀剣男士とは元々、その主である審神者によって
「眠っている物の想い、心を目覚めさせ」(上記図録・序五頁より)られて「人の形となった」(上記図録・用語集二〇五頁より)存在。
今剣を例にとると、物語・伝説からも”義経の守り刀”を励起させることができる、って事になりますので
(その場合本体はどこから来たのだろうという疑問が)
これを村正に当てはめると、
先の図録で”妙法村正”の名前が出た時点でこの要素はとうらぶで使われることはありえないだろ、とばかり思い込んでいた
”妖刀村正”が俄然クローズアップされるんじゃないかと。

打刀の妙法村正は佐賀藩・小城支藩伝来で”妙法蓮華経”と日蓮聖人の命日を彫られた
妖刀要素はまるでない存在(佐賀では土佐同様村正は重宝されていたそうですし)。
しかし、”村正”という刀自体に妖刀伝説の影が色濃く付き纏っているのは厳然たる事実。
昨年7月あたり、『歴史秘話ヒストリア』の刀特集で村正の妖刀伝説がチラッと取り上げられた際
芝村氏がちょっと苦言的なツイートをされていたそうですが
内容は「家康は村正嫌ってないって、持ってたし」なので
妖刀伝説そのものを全否定しているわけではない……要はとうらぶで刀剣男士村正に妖刀伝説要素を
使わないと、これをもって根拠にはできない。
つまり、以下妄想。
刀剣男士村正は人間の”妖刀伝説”という思いに呪縛され、妖刀として顕現するが
(その事実を知っているから蜻蛉切だけが”誤解されているが悪い奴ではない”と言える)
本丸で過ごし刀剣男士として成長し、”真の姿”である極となってようやく呪縛を振り払い
”妙法村正”の本体を顕わす……とかいうのはどうでしょ。


推測4:ネタバレ防止のため。

今更ネタバレも糞もあっかーーーい
てのは置いといて。
考えたら、初期実装男士が名前を出した未実装刀剣男士は
(昨年中:虎徹は既に浦島と長曽祢の号が出てた・国行はすぐに明石と判明した)
先日実装のさだちゃんは最初から光さんが「太鼓鐘貞宗。通称さだちゃんだよ」とフルネーム出してましたし
鶯丸が名前を出している大包平は、最初っからそれでフルネームですしw
蜻蛉切さんは、村正としか言ってない明石パターンで今からでも新規に対しては伏せ効果が……なんか苦しいな。

ていうか、先のシンポジウム(昨年5月ですね確か)の時点で芝村氏が妙法村正と発言されていて
図録が8月半ばに先行発売される前にネタバレされるっちゃーされてたわけですが(笑)
話題になった形跡がないんですよねこれ……。
そして今回の1件も、話題にしてるのはいわゆる蜻蛉切さんクラスタに限られているようで
相も変わらず影の薄い事(笑)村正実装されてもツイッターのトレンド入りするのが大包平だけだったら
いっそ笑えますなw

昨年8月、そろそろ1年経とうとしてますが
妙法村正の名前だけで実際の刀剣から法華経・日蓮聖人関係から佐賀藩鍋島家まで
色々と興味と知識が増えて、今まで見えなかったものも少し見えてきました。感謝してます。
だから刀剣男士「妙法村正」も見てみたかったんですが……
まぁ、刀剣乱舞原作運営が何を仕込んでくれてるのか
期待と不安半々に、”村正”実装を待とうと思います。
posted by 鷹覇臣 at 14:54| Comment(0) | 刀剣乱舞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

よだん

刀剣乱舞、7−2面実装で貞ちゃんはボスマスにて稀ドロップとのことで
この形態は久しぶりだなぁ。
村正来た時のためにもっと強くなっておかねば……。

ところで本日BS3「英雄たちの選択」が、幕末の佐賀藩主鍋島閑叟(直正)を特集してまして
グーグル先生にお聞きしたところ、佐賀藩は自力で財政を立て直し幕末には独自で強大な軍事力を
持つまでに至ったそうですね。
録画した分まだ全部見てないのですが、
……以前、妙法村正について"幕末に佐賀藩が為した役割も含めて興味深い"みたいに書いてあった本がありましたが
よく考えたらそれ何も関係なくないかと。幕末ともなればほぼ刀の時代じゃありませんし
そもそも妙法村正は佐賀支藩(小城)の方伝来ですから(笑)
posted by 鷹覇臣 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

SADAちゃん!?

新しい刀剣男士のチラ見せで、
どうやら貞ちゃんこと太鼓鐘貞宗説が最有力のようですね!

ということは、貞ちゃん(仮)を探せイベントがやって来る可能性大なわけで。
腕が鳴りますなぁ〜w確定報酬だったとしてもキツい条件になるかもしれませんが、
うちの伊達組特に光さんのために頑張らなくては!w

ところで、
貞ちゃんではないかという推測の中で、なんでも確か6月27日が伊達政宗公の命日だから
この時期発表されたのでは?というのがありまして。
先日の今剣極実装もそういう事情があった?と言われていたとか。
もしそういう推測が的を得ていたとすると……。

新キャラ刀剣男士の実装が、大体2ヶ月に1人のペースだとすると
現在6月、2月に数珠丸発表(その後イベントで2度配布)・同じく不動行光発表と実装
(刀剣乱舞ステージに合わせてと思われる)・4月に信濃藤四郎実装……ちょっと変則的ですが
そんな感じで
6月に貞ちゃん(仮)だと、あと8月10月12月に3人新キャラクターが来るという、
ざっとそういう計算になりますか。

なんとはなく、今年中に残る未実装男士が実装されるなら
妙法村正は10月13日に鍛刀されている→合わせて秋実装?
大包平は12月、連隊戦その弐があってそこで童子切安綱と一緒に実装されるのでは?
(大包平は御歳魂6万とか7万に増えて、童子切は天下五剣のレア5らしく超難易極稀ドロップとかで
ははははははははは。)

もしこの想像が実現するなら、
秋にはお出かけしときたい予定があるのですが、実行できたとしてパソコン持参で
旅先で村正確保に血道をあげる準備をしなくてはなりませんねー。勿論課金の準備も万端整えて。
がんばろーねー蜻蛉切さんアンド我が一軍。

そして年末にはダメだこりゃと家で寝込んでるんだね、多分(←根性なし)。
posted by 鷹覇臣 at 00:04| Comment(0) | 刀剣乱舞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする