2014年06月08日

星矢の3D映画って(^^;)

JOJOアニメ見てたらCMやってましたな。
ハーロックはそれなりカッコいいと思いましたが、
星矢は……あまりにチープに見えすぎて、かつての昭和星矢世代の一人ですが
見に行く気がしません(^^;;)

映画の話題ついでに、見に行ったのはちょっと前ですけど、今更GW公開映画(その他)のかんたん感想書いてみます。

『名探偵コナン・異次元の狙撃手(スナイパー)』
久しぶりに見たコナン。レギュラーが増えてたのね。
結構シビアで複雑だし、小学生が見て(面白いだろうけど)理解できるんだろうか??と思ってしまうことしきりw
(アニメや原作と直接関係しませんけど小学生向けコナンの学習シリーズは色々ありますね。
でもヨーロッパのハプスブルク家辺りのはええ年寄り大人の私が見ても複雑すぎたぞ!w)
シメがアニメらしくちょっと無茶でしたが(それはまぁ仕方ない)見応えありました!

実は見に行った理由が読売テレビ(関西の言い方)で解説者を務める赤星憲広さんが声優にチャレンジしてたからなんですよね。
悪いけど、やっぱり棒読みが際立ってましたな赤星刑事(^^;)


『テルマエ・ロマエⅡ』
ルシウスの親友マルクスが(技師の立場上)必要だったなら前作で嫁さん寝取りネタをふるべきじゃなかったと思いますが(笑)
そうそう簡単に和解できる問題ではないかと……まぁいいか。

今回はとりあえず原作を忘れて楽しむことにしましたが、
やっぱり哲人皇帝の少年時代の出番がなかったのが残ね(略)
あとあの手品はダメだってヤバイって!そのうち死人が出てしまう!!
まぁとにかく、いきなり力士と接触する場面が面白すぎました。
それと今回は映画版マルクスに比べたら名誉回復に成功してた北村一輝さん演じるケイオニウスですが、
アントニウスに4回連続で「あんな女癖の悪い人はいなかったが」的枕詞つけられてたのに吹きました。

しかしテルマエロマエでガチ殺し合い(グラディエーター)が出てしまうとは。

公開前に特集宣伝番組が公開されてましたが、
これは映画を見てから見るべきだな~、って思いましたね。
市村さんの「ハドちゃん」呼びとか面白すぎる。


ちょっと前になりますが、『曹操暗殺』も良かったです。
玉木宏さん、出番は少なかったものの最終的には美味しいとこ持っていってましたね。
posted by 鷹覇臣 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック