2016年01月20日

100分de名著・代表的日本人

今夜の「100分で名著」は『代表的日本人』のラスト、
え~、”天下五剣・名物数珠丸”の持ち主であった僧侶・法華宗開祖日蓮の章も入ってました。
まぁ25分番組のラストであっさりした扱いではありましたが、
言葉とは「かかれていなくても心に映るもの」……深いなぁ~。

重箱の隅ながらちょっと気になったのが、
結構好きな俳優の筧 利夫さんが番組中で対象の本の一部を朗読しているのですが
そこで”妙法蓮華経”の略称”法華経”を”ほっけきょう”と発音されていたことで……。
筧さんだけじゃなく他の出演者もそうだったようですから
番組が”ほっけきょう”で統一してたのでしょうが。
普通は”ほけきょう”と言ってるような。
(余談、鳥の方の鶯の鳴き声がホーホケキョなのは、法華経を当てはめたからという説があるとか)

『代表的日本人』の著者内村鑑三はキリスト教徒でしたが
内村以外にも日蓮を著作で取り上げたキリスト教徒に矢内原忠雄という人がいらして
amazonで関連書籍を見たらどこかで見たイラストが表紙に。

参照リンク
『サザエさん』とキリスト教

おや懐かしいコマ。子供の時、『サザエさんうちあけ話』読んだことあったなぁ。
矢内原忠雄については、講義中誰かがあくびをしたのを見て激怒したというコマを
なんだか今でも覚えてたりします。

キリスト教徒に共感されてる仏僧なんですね日蓮聖人。
当人が権力に真向から対峙して迫害を受けた人だし、殉教した弟子も出ているし
という辺りがキリスト教ぽいといえばぽい、からでしょうか。


本日、福岡から届いたもの。

2016012022310000.jpg

2016012022350000.jpg
三槍が、揃ったな。(写真的な意味で)
posted by 鷹覇臣 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック