2017年03月10日

は?

刀剣乱舞とサヨナラして約1月。
ゲームそのものに対する未練はかなり薄れましたが、最推し始め一部キャラへの執着はまだ根強く残ってます(笑)
今日の夕刻戯れに「サッダルマプンダリーカスートラ」と検索したら、
あのキャラの会心の一撃台詞がそれ(ナモサッダルマプンダリーカスートラ=サンスクリット語で
の南無妙法蓮華経)だと出てきたのをうっかり見ちゃって(笑)

は?

ハア?

ハァァァァァァ!?
(と続けば懐かしのアイシールド21ハァハァ三兄弟の決め台詞やね)



ぶっちゃけ、2年の待ち時間の間「妙法村正」の会心の台詞それだったらいいかなーって
一時妄想したことありました。いやホントに。
ただこれを使っているのは今のところ知ってる限り宮沢賢治さんしかいなくて(後述)
限定的すぎ?どんなもんだろな?と思い、妄想ページではヘルシングサントラネタ使ってみたかったのもあってお蔵入りしました。

巫山戯んなキモイ格好した妖刀(笑)が仏教用語使ってんな法華経を汚すな宮沢賢治を汚すな
ゆーても実は全身披露はガラケのちっこい画面で全体見たのみでその瞬間から情報シャットアウトしましたから
ぶっちゃけ未だに顔も細かいデザインも全く知らないし……もうカラオケで主題歌歌うのも止めたニトロ過去ゲームのあるキャラと衣装がほぼ一緒とは聞きましたけどね……見る気も一切全く金輪際ありませんが
ファンの皆さんにはべー様と呼ばれていると聞く諏訪部順一さんがボイス担当なら
「EXACTLY!そのとおりでございます」とか「俺様の美技に酔いな」とか寒いパロディでもやってやがれ
(実際やってたって知らん)と、一瞬向かっ腹立ちましたが
(勿論、テレンス・T・ダービーや跡部様を侮辱する意思は毛頭ありません! 
1月の間諏訪部さんの声を確認すべく……当事伏せられてたミュージカルの役者さんと共通点がないと自分に言い聞かせたくてあの頃は必死でした笑い……
動画でJOJOCM確認してさすがだなーと演技に酔ってwましたし、跡部様は昔BS放映の映画で見た時
「様付けするにふさわしいお方や……」と思ってました。
ぶっちゃけるとこのお二人以外諏訪部さんの演じたキャラクターわかんなかったりします^^;)


刀工の村正、少なくとも「妙法村正」の作者で千子派の祖・初代村正(俗名彦四郎・法号陰音妙台)が
日蓮宗信徒だったことは確定なんだし(ただ、村正の刀を打った刀工村正は四代続いたといわれ
あとの三代がそうだったか否かは資料がなし。三代目の墓が天台宗寺院にあるとか『伊勢の刀工』に載ってたような)
それを織り込んだだけでも、”妖刀村正”に新たな要素を投げ込み定着させるという、非常に重大な役目を果たしたんじゃないかと。

ふと1月以降思ったのが、
芝村サンが2015年に乱れが大きい刀はメス要素が大きいって発言の後に
”妙法村正は大変。村正はヤバいですよ”発言あったのってやっぱりあのキャラのあの体形がそうだったんじゃ……だって上直刃で腰乱れってモロ妙法村正(刀)の刃紋の特徴だしな〜村正全部があれじゃないんだぜぇ〜

だったら妙法に代わってキショイ要素引き受けてくれてありがとうって言わなくちゃな、じゃなくてー、
既存キャラに言及されて1年以上後に実装されたキャラの中で唯一、図録で発表された時の既存キャラの設定と対応してない「村正」=(唯一の理解者と心配の種……まあ名前が違う時点で明らかに”別キャラ”だからってだけでしょうが)、旧「妙法村正」の要素はこういった形であのキャラに残ったのかもな、っていう妄想でした。

昨年はチケット取りに参加する気満々だった春ミュージカル、
萎えて結局スルーしましたが実はプレミアム登録ちゃんと出来てなくてw通信料払わなくて済んだんですけどもタイトルだけメールでネタバレされてしまいそのまま受け取り拒否登録。
ローソンで一般チケット販売してたから宣伝に被弾する可能性ありってことで、2月中ローソンに立ち入りませんでしたわらい。あ〜アホくさいw

三百年の子守唄……でしたっけ。またリリカルなタイトルだね。みんなで妖刀チャンをかわいそかわいいするおハナシですかね?ヘッ とかやさぐれてましたが
江戸時代300年、妖刀として真の姿を”眠らされていた”村正の解放の物語……?とかチラッと思いました。
まあどうでもいいですけど。

村正の妖刀伝説は歴史の中で作り出され定着した”虚構”。
つまりは物語の中の存在であった今剣の先例にならった「極」がある可能性はなくもないわけです。
はっきり言って、そこで妙法村正になってくれんもんかね。もう否定されてるかもしれないけどさ。
「妙法村正」→村正の訂正の時にそう予想された人もおられましたし。

……もしなってくれたらくれたで、あのキャラ手に入れて極可能レベルまで上げんといかんのかい……
なんでお戯れでそんな苦行やらなくちゃいけないんでしょうか?w今の時点の私にはそんな感じあははははー。


未だにしぶとくしつこく夢を見ていたい、という。いやーどうしようもないですねw
でも2年煮詰まり続けたんですもん、さすがに長かったですから簡単に諦めきれない。はー執着を捨てたいw
今まではまってきたジャンルは大半が、止めるときは続いている間に自然に飽きちゃったから、だったのに
まだまだ萌えていたいにも関わらず、待ち望んでいたはずのキャラクターが受け入れられずに
対象から離れる決意をしたってのは初めてでしたんで、心の傷も深かった(笑)のが実情です。
まぁそれを除けば生活は仕事もプライベートも順調そのもので、むしろ色々見直すいい機会にはなりましたが
心の平安を求めて(笑)図書館で仏教入門書ににわかはまりもしたりして。
執着すべからず、憎むべからず。そのとおりですねー。
上のことで少し気になったけど、諏訪部さんのナモサッダルマ……聞いてみたい気もするけど。絵はイラネ
もしかしたら受け入れられるきっかけになるかもしれないけど、
知りたいようでやっぱり知りたくないからまだ戻りません。
ま、あと十年も経てばこれまでの過去ジャンル同様、負の感情は消えて平穏に冷静に平常心で見れるようになってるかもしれませんね。十年?

ではラスト、後述といった賢治さんのナモサッダルマプンダリーカスートラ。
ググッて知った松岡正剛氏のブログ『千夜千冊』にて初めて知り、その後新潮文庫版には未収録ながら
『春と修羅・心像スケッチ』初版には載っていたとかで復刻版を入手したら載っていた
「オホーツク挽歌」「樺太鉄道」に登場します。(では「樺太鉄道」より)

そつと見てごらんなさい
やなぎが青くしげつてふるへてゐます
きつとポラリスやなぎですよ
おお満艦飾のこのえぞにふの花
月光いろのかんざしは
すなほなコロボツクルなのです
(ナモサダルマブフンダリカサスートラ)

日さへまもなくかくされる
かくされる前には感応により
かくされた後には威神力により
まばゆい白金環ができるのだ
(ナモサダルマブフンダリカサスートラ)

もうツイッターとかで誰かさんが載せてます? まぁどうでもいいや

国柱会に参加しようとし、法華文学を志した宮沢賢治。そのことが一番よくわかる童話は「ひかりのすあし」。
賢治に珍しく、鬼や仏がわりとそのままで登場し、天界=仏界に行くキーワードとなる言葉は
「にょらいじゅりょうほん」(妙法蓮華経・如来寿量品第十六)。

子供の時、宮沢賢治読破に挑戦しようとして挫折w
あの頃はよくわからなかったけどこの年になって、賢治さんの言葉の凄さに感じ入るようになってきました。


〔おまけ・徳川家康と法華宗=日蓮宗〕
家康の主催した”慶長法論”に意見し逆鱗に触れた身延山二十二世(←確か)日遠上人が磔刑にされかけた時
家康の側室で熱心な法華信徒であったお万の方(養珠院)は殉死を決意し上人と自分の死に装束を縫い始め
さすがの家康も許したという。
お万の方は当事女人禁制であった身延七面山に初めて入山した女性でもあったとか。凄い。


さーて、侍JAPANが3連勝を達成! 来週の試合、オランダ戦もですけど中でもダークホース・イスラエルとの試合がめちゃくちゃ楽しみです!
明日は夕方から「鬼灯の冷徹」六本木イベントライブビューで大阪へ……昼も用事あるから頑張って間に合わせねば(^^;)
(また余談。『鬼灯の冷徹』にも登場する冥府の裁判官・十王はある偽経の出身とされていますが
この偽経は日蓮聖人が著したという俗説があり、奪衣婆の研究をされてる人も本でそう書いちゃってましたな。)


うわぁぁ〜先月amazonで文庫版一気買いした『虹色のトロツキー』(安彦良和先生作)が面白すぎて!!
(松岡正剛さんの『松丸本舗の挑戦・松岡正剛の書棚』にもお勧め書籍で紹介されてました♪)
一気に読んだけどラスト8巻読み終わるのが勿体無いッ! ちびちび進めてるけどもうすぐ終わっちゃうよぅ〜(笑)
次は皇帝ネロの漫画も読みたし。あと、「明治百五十年・美しき日本人50人〜羅針盤なき今こそ、
彼らの生き様を見よ!」に賢治さんも載ってるから(今朝の新聞で知った。ナモサッダルマ無関係です)買ってこなきゃだな文芸春秋4月号。
そんな毎日ですw
はぁ〜。本当に楽しいんだけれども、私心の平安が欲しいですお釈迦様聖人様。まだまだです。うふふふ。


そして三浦祐之『古事記学者(コジオタ)ノート』を読んでいたら「妙法村正」をニホンオオカミと呼びたくなりました(笑)パラフィクションだのニホンオオカミだの仇名が私の中でだけ増えてくな……w一言で済ませば幻で終わるんですが。幻想郷入り?

まとめると、妙法ロスと現実拒否がまだすごいw
posted by 鷹覇臣 at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: